医者でも気が付きにくい

医者でも気が付きにくいかぶれというのもある
薬にかぶれる人は大変です、薬を塗ると一時的に良くなるけど、また悪くなる
リップクリームが合わない人もいる。
碁盤の塗料にかぶれてしまった人は網目状にかぶれています。
音楽プレイヤーのケースのパターンはゴムのところにかぶれてしまう人がいるんですね。
他にも、植物う、洗剤、シャンプーなど。
使った回数でかぶれるのではなく、湿疹になったときに早くきがついてやめることが重要。
かぶれかな?と思ったら…
二週間くらい使用をやめてみる。
オープンテストをしてみる。
オープンテストとはひじの内側などに、朝晩2回つけてみると確認しやすい。
パッチテスト
カラーリング剤にはそう書いてありますね。
パッチテストができる皮膚科は
保険適用は22個までだし実施している皮膚科は少ないみたいですね。