内臓脂肪をエサに

AIMは内臓脂肪から分泌されます。
脂肪の中に取り囲むようにして入ってしまって、脂肪を溶かしてしまう物質です。
栄養素をとりこみ拡張、たまった脂肪を分解するとメタボ解消?と思ってしまいますよね。
しかし中にたまっている脂肪がすごくある人は大漁のAIMが分泌されると分解したときに出る猛毒サイトカインが血液中に流れ出して、血管の内側で炎症を起こしてしまうのです。
その炎症で動脈硬化やアルツハイマー病や糖尿病につながる恐れがあります。
数値によっては命を奪うものなのです。
内臓脂肪はAIMにとってはエサになってしまいます。
今の時代は飽食と運動不足ですぐに脂肪がたまってしまう傾向にあります。
運動は持続するのが非常に重要です。