緑内障

中途失明の理由第一位なのは40歳以上の20人にひとりが発症する緑内障です。
早期発見につながる目の検査を受けるのが一番重要です。
実は健康診断や人間ドッグでは緑内障を早期発見することは難しいとされています。
近視の人は緑内障の発見が難しいからです。
コンタクトレンズや眼鏡の検査で大丈夫だと安心しているのは大間違いなんですって。
そんなこと言われたら普段から気にしているなんて言えませんよね。
片目で見ることがないので、片方が緑内障になってもなかなか気が付かないのです。
歳のせいで目が悪くなっているなんて簡単に考えていると気が付いたらもう失明にまで行ってしまう、緑内障は恐ろしい病です。
視野の一部が欠けてしまっていても本人は普通に見えているのが厄介ですね。