普通の腰痛

普通の腰痛と侮ってはいけないというとある人の事例があります。
腰痛を感じ始めたのは1年前のことです。
生理の時の痛みだったのでそれほど気にしていなかった。
しかし3か月たっても痛みが消えない。
腰に重たいものが乗っているような鈍い痛みがずっと続いていました。
生理の時には強い痛みが感じられるようになった。
病院にいったら卵巣がんと診断されました。
卵巣は体の奥にある内臓のためがんが進行しないとわからない。
腰痛の神経と内臓の痛みにかんする神経は似てしまって認識が出来ないのが問題です。
脊椎の周囲のがんは腰痛に現れることがある
すい臓、肝臓など。
姿勢によって痛みが変わらない、3か月間くらいじわじわと痛い腰痛はガンを疑うべきです。