慢性腎臓病あれこれ

腎臓は尿をつくる臓器で腰のあたりに握りこぶしくらいのサイズです。
腎臓のろ過機能のすごさは人工透析機で見てみると一目瞭然です。
牛乳を流してみると透明な水が出てきて、そこには余分な物質しかありません。
血液を作るホルモン、骨をつくり血圧を調整します。
実は二本足で歩くためのものが全て腎臓に関係してあります。
足のむくみや夜間頻尿や慢性的な体のダルさ。
などは腎臓の機能によって起きてしまうことがあります。
自覚症状が出たときにはすでに進行していってしまい、素人には腎臓が悪いと判断できないことからサイレントキラーと呼ばれる。
慢性腎臓病は水分や塩分が捨てられなくなり、ますます体の中がおかしくなる。
高血圧が最初の問題となり負のスパイラルとなっていきます。
高血糖や高血圧の人は慢性腎臓病に気を付けないといけません。