犯人のものらしき足跡

とある殺人の続報では犯人のものらしき足跡が見つかったとありました。
もみあったときの足跡は被害者の部屋の玄関に。
逃げるときの足跡はマンションの廊下に。
最新のもののひとつ前のシリーズのスニーカーだということが判明しました。
これって現場に残された重要な手がかりですよね。
でもそんなのを公表しちゃったら、犯人は人知れず捨ててしまうと思いませんか?
犯人だけしか知り得ない秘密の暴露以外にも、物的証拠が必要なはずです。
現場で購入者の割り出しをするっていうのも時間の無駄のようなきがします。
今はネット購入だって出来るし犯人の生活エリアが他である可能性だってありますからね。
もちろん地道な捜査が犯人逮捕につながるでしょう。
警察の方々にはがんばってもらいたいです。