言葉を禁止するだけでなく

とある中学校で生徒に「ヤバい」という言葉を禁止したそうです。
ヤバい、はマイナスな事柄だけではなく良い意味でも使うようになってきていて子供達の語彙が少なくなっているという危機感からなんだとか。
確かに良い意味と悪い意味がありますね。
そこで禁止にしたわけですけど、私はこれは良いことだと思いました。
自分達の回りだけ、またはその世代だけで通じるからと言って使い続けると確かに語彙不足になりますからね。
ただ、ある人が禁止にするという引き算ではなく、昔ながらの言葉を多様化するように足し算の仕方もあると言っていました。
この言葉を多く使ってみましょうって。
こういう考えって日本では少ない気がしますので一理あるとも思いました。