「戦ぐ」と「戦く」

『戦ぐ』と書いてなんて読むか。
私はなんて読むか全然わかりませんでした。
正解は「そよぐ」でした。
送り仮名が「ぐ」ではなく「く」だったら「おののく」
これだから日本語って難しいんですよね。
日本人ですらわからないのだから海外の人が日本語を習うのも容易ではないでしょう。
花が風に戦ぐって覚えるといいそうだけど、風にそよぐのに「戦う」って漢字なのはなんでかなぁ。
忘れないようにしないと脳内からすべりおちそうなくらい覚えにくいです。
でもこうやって文字にしてみると少しは覚えられそうな気がします。
本当はパソコンで入力するのではなく、自分の字で直接文章にして書き出す方が覚えるんですよね。
仕事では、”書く”ということはまだまだありますが、入力より多くこなしていきたいものです。