職員の方々の取り組み

保健所に行った犬や猫の末路は、誰もがわかっていることです。
殺処分をしたくない職員の方々の取り組みをしているところもあります。
老犬をつれてきた市民に対して。
歳をとったから、飼いたくないと言ってきたのに、帰るときには他の子犬が欲しいと言ってきたそうです。
冗談じゃない。
そんな人に飼う資格はないと言ったんだとか。
子犬のときは、それは愛らしい姿でかわいいでしょう。
でもこの人達はその子が歳をとったらまた同じことをする可能性が高いです。
その他に引き取りに来た人には人間のエゴで殺処分されてしまう犬のビデオを見せます。
飼うということは家族に迎えるということであり、命をあずかる責任を感じてもらわなければなりません。