必ず気に入るわけではありません

この人の話しは面白いなと思う作家さんがいますけど、必ず気に入るわけではありません。
自分の中ではハズレも存在します。
今よりもたくさん本を読んでいた頃に、
この作家さんの話しは面白くないし、読んでいると怒りの感情が出てくる
ということがありました。
先日、この作家さんの本を久しぶりに図書館で借りました。
もうそうとうな大昔になっているし、なによりもあらすじに魅力があってひかれたのです。
でも読んでみてすぐに、嫌な予感がしました。
ずっと昔に同じように感じていたことをすぐに思い出したんです。
私意外にさまざまな人が読んでファンだっているでしょうけど理解できません。
1話しか読んでいないのにこんなにも不快感が出てくるなんて驚きです。