「Bの戦場」

「Bの戦場」という本があります。
ウェディングプランナーの香澄は新郎新婦の気持ちに寄り添い、全力で仕事をする主人公です。
でも、顔面偏差値は低い。
ウェディングプランナーとしては最高、見た目は新郎を取られることになりそうもないので新婦も安心で、やっぱり最高。
性格も良くて同僚からも好かれている。
そんな彼女に、ブス専の超イケメン上司がアプローチをするという、多少コメディが入った話しですね。
だって恋愛メインじゃなくてあくまでお仕事小説みたいに私は感じたんです。
だから映画化してお笑い芸人さんが香澄をするのも、イケメン上司があの人なのも、なんだかちょっとミスキャストな気がして残念です。
映画にすると恋愛色を強いし過ぎですね。